【RVRでの車中泊】キットは?狭い?やめとけ?体験談・注意点など

RVRでの車中泊

車購入検討者
車購入検討者
RVRでの車中泊は快適なの? 注意点や経験談などを教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • RVRでの車中泊は快適?
  • RVRでの車中泊に関するよくある質問

 

三菱自動車が販売している乗用車、RVR。

管理人
管理人
車中泊できそうな見た目ですが、果たしてどうなのでしょうか。

この記事では、RVRでの車中泊について解説します。

この記事を読み終えると、RVRでの車中泊について詳しく知ることができ、検討時の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

RVRでの車中泊は快適?

RVRでの車中泊は快適?

RVRでの車中泊
  1. サイズ
  2. 経験談
  3. メリット
  4. デメリット

 

RVRでの車中泊①:サイズ

RVRのサイズは、下の画像の様になっています。

RVRのサイズ

(出典:三菱自動車「RVR」

車内の横幅が約130㎝なので、ダブルベッドよりも少し狭いくらいですね。

2人で寝られるくらいの横幅はあります。

 

RVRでの車中泊②:経験談

実際にRVRで車中泊をしている方の様子について解説します。

「そこそこ足を伸ばせる」は意味が分かりませんが、工夫次第で足を伸ばすことはできます。

後部座席を倒しただけの状態でも、段差は少ないですね。

段差の解消方法については、後ほど詳しく解説します。

身長の高い方だと、ぎりぎり足を伸ばせません。

 

RVRでの車中泊③:メリット

車中泊におけるRVRの強みは、次の5つです。

  • 後部座席から荷室にかけての段差が少ない
  • 2人で寝られる横幅
  • 窮屈さを感じない車内高
  • 乗り心地の良いシート
  • AC100Vコンセントを付けられる
管理人
管理人
強みの多い車ですね。

車中泊に向いていると言えるでしょう。

 

RVRでの車中泊④:デメリット

RVRの車中泊におけるデメリットは、次の2つです。

  • 身長が高い人だと足を伸ばせない
  • フルフラットにならない
管理人
管理人
2つとも対策可能なデメリットなので、このあと対策方法を解説します。

 

ポイント
サイズは2人用。車中泊における強みが多い。

 

RVRでの車中泊に関するよくある質問

RVRでの車中泊に関するよくある質問

よくある質問
  1. 段差の解消方法
  2. 必要なグッズ
  3. 注意すべきこと

 

RVR車中泊時の段差解消方法

RVRでの車中泊において段差を解消するのはとても簡単です。

なぜなら、後部座席を倒しただけでも結構フラットになるからです。

あとはその上から車中泊マットを敷くだけで快適に眠れます。

オススメの車中泊マットはこちらですね。

7,000円弱で厚さ約8㎝なので、コスパは十分ですね。

 

RVRでの車中悪に必要なグッズ

RVRで車中泊をするなら、次の4つは必ず用意しましょう。

  • 扇風機
  • LEDランタン
  • サンシェード
  • カーテン
管理人
管理人
主に、暑さ対策グッズですね。

車内は特に温まりやすいので、暑さ対策は必須です。

 

RVRでの車中泊において注意すべきこと

RVRで車中泊をするなら、次の4つに注意しましょう。

  • 車中泊場所を事前に確認しておく
  • 窓を少し開けて寝る
  • 寝るときは必ずエンジンを切る
  • 荷物は必要最小限にする

車中泊時の収納スペースが限られているので、荷物は少なめにした方が良いですよ。

 

ポイント

①段差解消はマットを敷くだけ

②必須グッズは4つ

③荷物の載せすぎに注意

 

【RVRでの車中泊】まとめ

【RVRでの車中泊】まとめ

この記事では、RVRでの車中泊について解説しました。

管理人
管理人
非常に強みが多い車種なので、車中泊に向いています。

因みに、RVRでの車中泊に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA