【マセラティギブリの故障】多い?起こりやすい箇所は?実際の事例など

マセラティギブリの故障

車購入検討者
車購入検討者
マセラティギブリは故障が多い? 故障事例について、詳しく教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • マセラティギブリの故障リスク
  • マセラティギブリの故障事例

 

初代の面影も無くなったマセラティギブリ。

管理人
管理人
イタリア車なので、故障が気になりますね。

この記事では、マセラティギブリの故障事例や原因について解説します。

この記事を読み終えると、マセラティギブリの故障について詳しく知ることができ、検討時の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

マセラティギブリの故障リスク

マセラティギブリの故障リスク

マセラティギブリの故障リスク
  1. リコール歴
  2. 修理費用
  3. 故障しやすいパーツ

 

マセラティギブリの故障リスク①:リコール歴

マセラティギブリには、リコールのアナウンス歴があります。

概要は次の通りです。

対応開始日不具合部位対応方法
2022年4月12日エアインテークホース(原動機)エアインテークホースの交換

不具合の内容としては、以下の様になっています。

エアインテークホースの材質が不適切

→EGR(排気ガス再循環システム)関連の酸濃縮物によりホースの強度低下

→ホースに亀裂発生

→エアが漏れて異音が発生

→エンジン出力低下の恐れあり

管理人
管理人
ギブリだけでなく、レヴァンテでも同じ内容のリコールがアナウンスされています。

中古でマセラティギブリを購入する際は、リコールにきちんと対応しているか確認しましょう。

 

マセラティギブリの故障リスク②:修理費用

マセラティギブリの修理費用目安をまとめると、下の表の様になっています。

内容修理費用(円)
クラッチの修理600,000
電気系装置の修理300,000
タイミングベルト修理300,000
オルタネーター修理200,000

外装パーツの交換費用は人気の有無で大幅に変わります。

 

マセラティギブリの故障リスク③:壊れやすいパーツ

マセラティギブリで壊れやすいのは、以下3つです。

  • オルタネーター(発電機)
  • エアコン
  • 足回りのボルト
管理人
管理人
エアコンのコンプレッサーは故障しやすいですが、故障したのが分かりやすいのですぐに対処できますよ!

異音が発生したりエアコンの温度調節ができなくなったりしたら、大体コンプレッサーが壊れています。

 

ポイント

①リコール歴はある

②修理費用は相場よりも少し高い

③故障しやすいのは経年劣化する部位

 

マセラティギブリの故障事例

マセラティギブリの故障事例

マセラティギブリの故障事例について、国土交通省に報告されているものを中心に解説します。

発生頻度が低いものもありますが、いざという時の為に把握しておきましょう。

 

運転席側ドアが内側から開けられず、運転手が降りられない。ドア内部のオープナーリンク部品の破損が原因とのこと。

この故障事例は珍しすぎますね。

納車前に販売店で不具合がないか確認していると思うので、乗っていたら急に壊れたのでしょう。

 

高速道路を走行中、いきなりエンジンから振動と異音が発生。その後、走行不能になった。

これだけだと原因の特定が難し過ぎますが、エンジンに関する故障である可能性はとても高いです。

エンジンが絡む故障は車の寿命を縮めかねないので、違和感を感じたらすぐに整備工場かディーラーに持って行きましょう。

 

フロントガラスを交換したところ、フロントガラスに歪みがある。

管理人
管理人
これはマセラティギブリの故障というか、パーツの不具合ですね。

言えば無料で再交換してもらえると思います。

 

ポイント
国土交通省に対するマセラティギブリの故障報告件数は3件。

 

【マセラティギブリの故障】まとめ

【マセラティギブリの故障】まとめ

この記事では、マセラティギブリの故障について解説しました。

管理人
管理人
日本での流通台数が少ないので、故障の報告件数も少ないですね。

 

マセラティギブリの故障に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA