【レンジローバーの故障】事例・走行距離や寿命・修理費用なども解説

レンジローバーの故障

車購入検討者
車購入検討者
レンジローバーは故障しやすいの? 実際に起きた故障や報告されている事例などを教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • レンジローバーの故障リスク
  • レンジローバーの故障事例

 

ランドローバー社が出している高級SUV、レンジローバー。

管理人
管理人
イギリスの車なので、故障が気になりますよね。

 

この記事では、レンジローバーの故障について解説します。

この記事を読み終えると、レンジローバーの故障について詳しく知ることができ、検討時の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

レンジローバーの故障リスク

レンジローバーの故障リスク

レンジローバーの故障リスク
  1. リコール歴
  2. 修理費用
  3. 故障しやすいパーツ

 

レンジローバーの故障リスク①:リコール歴

レンジローバーにはリコール歴があります。

概要を下の表にまとめました。

対応開始日対象不具合部位
2022年6月8日レンジローバーヴェラール、レンジローバーイヴォークアクセサリーベルトテンショナー 、パワートレインコントロールモジュール

内容としては、以下の2通りです。

①オートコンディショナーのばねの耐久力が不適切

→経年劣化により張力の低下

→アクセサリーベルトの振れ及び折損

 

②セルモーターがを検知できない

→セルモーター不作動

→常に原動機の再始動用モーターを使用

→再始動用モーターのベルトに負荷がかかり折損

 

管理人
管理人
中古でレンジローバーを購入する際は、これらのリコールに対応しているかを必ず確認しましょう。

 

また、レンジローバーのリコールについてもっと詳しく知りたい方は、消費者庁のリコール情報サイトをご覧ください。

 

レンジローバーの故障リスク②:修理費用

レンジローバーの修理費用をまとめると、下の表の様になります。

内容金額(円)
コンプレッサー交換200,000
オルタネーター修理100,000
タイヤ交換10,000
管理人
管理人
外車なので高いですね。

 

レンジローバーの故障リスク③:故障しやすいパーツ

レンジローバーの故障しやすいパーツは、次の3つです。

  • 屋根(雨漏り)
  • 電気系装置
  • オルタネーター(発電機)
管理人
管理人
屋根は別として、残り2つは経年劣化によって起こる故障です。

 

長く乗っていると避けられないので、対処法を頭に入れておきましょう。

 

ポイント

①リコール歴あり

②修理費用は高い

③故障しやすい部位は3つ

 

レンジローバーの故障事例

レンジローバーの故障事例

ここでは、頻度に関わらずレンジローバーの故障事例を片っ端から解説していきます。

 

ブレーキに違和感を感じた後、ブレーキが効かなくなった。車体下のブレーキパイプが腐食し、ブレーキオイルが漏れていたことが原因とのこと。

管理人
管理人
珍しい故障事例ですね。あまり見かけません。

 

カーナビの動作不良。地図が表示されなかったり、フリーズしたりする。

最初からこの状態なら、無料で交換してもらえると思います。

 

高速道路走行中にレーンキープアシストが発動。ハンドルを左に取られて壁にぶつかった。

センサー系の不具合ですね。

日本車でもよくあります。

特に、ハンドル操作サポート機能はよく不具合を起こすイメージがあります。

 

パドルシフトモード運転時、下り坂でシフトダウンしたらスピードが上がる。また、3速にすると異音が発生する。

管理人
管理人
トランスミッションの故障ですね。

 

トランスミッションの故障も、頻繁に報告されています。

 

走行中、ブレーキペダルが硬くて踏み込めなくなった。原因はブレーキブースターの故障とのこと。

ブレーキブースターとは、ブレーキを軽くする装置の事です。

これが無いと、ブレーキが重すぎて踏み込めません。

 

荒い未舗装路を走ると、車内で共鳴音が鳴る。

これは荷物が音を立てている可能性もありますし、どちらにしろ故障ではないと思います。

 

緩い上り坂で停止したらアイドリングストップが作動。その後再発進しようとしたらエンジンが始動せず、車が後方にすり落ちた。後ろに停止していた車に衝突した。

管理人
管理人
このトラブルに関する報告も複数ありました。

 

アイドリングストップの異常だと思います。

 

ラジエーターホースから水漏れ。冷却水不足の警告が表示された。

ラジエーターはエンジンを冷やす役割を担っている装置で、車にとってとても重要な部位です。

オルタネーター(発電機)と同様、経年劣化によって故障しやすくなります。

 

雨の中運転すると、ヘッドライト、テールライトのレンズが曇る。

管理人
管理人
これもよく見かける不具合事例です。

 

ディーラーに持って行って確認してもらう他ありませんね。

 

盗難防止装置が誤作動を起こし、警告音が鳴った。2年間に4回起きた。

センサー系の不具合はよくありますが、盗難防止装置の誤作動は珍しいですね。

 

ポイント

レンジローバーで多い故障事例

  • アイドリングストップ後の後ずさり
  • 冷却水漏れ

 

【レンジローバーの故障】まとめ

【レンジローバーの故障】まとめ

この記事では、レンジローバーの故障について解説しました。

管理人
管理人
致命的な故障事例もあるので、いざという時の為に頭に入れておきましょう。

 

レンジローバーの故障に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA