【フォレスターの故障事例】不具合情報や対応・修理費用なども解説

フォレスターは故障しやすいのか

車購入検討者
車購入検討者
フォレスターは故障が多いの? 過去にどんな故障があった? 実態や詳細を教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • フォレスターの故障リスク
  • フォレスターの故障に関するよくある質問

 

スバルの大人気車種フォレスター。

管理人
管理人
実は大きな故障があまりない車種です。

 

この記事では、フォレスターの故障事例や修理費用などについて解説します。

この記事を読み終えると、フォレスターの故障について詳しく知ることができ、検討時の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

フォレスターの故障リスク

フォレスターの故障リスク

フォレスターの故障リスク
  1. ラジエーターの冷却水漏れ
  2. アイドリングストップの作動不良
  3. MT車のクラッチ
  4. 加速時の異音

 

フォレスターの故障リスク①:ラジエーターの冷却水漏れ

フォレスターの弱点はラジエーターです。

なぜなら、年数と共に起こりやすくなるトラブルなので避けようがないからです。

管理人
管理人
目安として、年式10年以上もしくは走行距離10万kmを超えたフォレスターに起こりやすいですね。

 

ラジエーターの接合部に使われている樹脂の経年劣化によっておこる故障です。

 

フォレスターの故障リスク②:アイドリングストップの作動不良

アイドリングストップの作動不良もよくあります。

具体的には、次の様なケースです。

  • 発動したのに、停車中に勝手にエンジンがかかってしまう
  • アイドリングストップがかからないことがある
管理人
管理人
これについては、故障ではなく仕様ですね。

 

そもそも、アイドリングストップの発動条件はかなりシビアです。

ブレーキを踏んで停車しても、様々な理由で発動しないことがあります。

管理人
管理人
歴史の浅い技術なので、今後もっと精度が上がることを期待するしかないですね。

 

フォレスターの故障リスク③:MT車のクラッチ

MT車では、クラッチと呼ばれる動力伝達装置に強い負荷がかかります。

ですので、次第にクラッチが消耗していき、いずれクラッチ滑りや変速ショックといった不具合を生じやすくなります。

特に、フォレスターは以下の理由からMT車のクラッチ故障事例が多くなりがちです。

  • SUVなので車体が重い
  • エンジンのトルク(力)が強い
  • MT車が人気

修理・交換する場合、10万円程度かかります。

 

フォレスターの故障リスク④:加速時の異音

「フォレスターの加速時に異音がする」という声もあります。

管理人
管理人
これについては私は経験がありませんが、「カリカリ」と音が鳴るみたいですね。

 

原因は電気系装置を管理しているECUと呼ばれる部分にあるそうです。

ECUを最新版のプログラムに書き換えれば簡単に直せるそうなので、この故障が起きた時はすぐにディーラーに報告しましょう。

 

ポイント

フォレスターの故障リスク

①ラジエーターの冷却水漏れ

②アイドリングストップの作動不良

③MT車のクラッチ

④加速時のノッキング

 

その他のフォレスターの故障事例

その他のフォレスターの故障事例

ここまでは、比較的起こりやすい故障事例を解説しました。

ここでは、頻度は少ないけど報告されている個別事例を紹介します。

管理人
管理人
同じような事態に遭遇した時に原因や解決方法を知っているだけで対応が変わってくるので、知っておいて損はないですよ!

 

エンジン始動直後、ハンドルが異常な程重かった。確認したところ、パワーステアリングコントローラーの故障とのこと。

 

走行中、いきなり時速40㎞以上出なくなった。怖かったので一時停止したら発進できなくなった。エンジン再起動したら直った。

管理人
管理人
フォレスターでエンジン系のトラブルが報告されるのは珍しいですが、やはり0ではないですね。

 

何もないところで障害物接近の警告音が鳴り、自動ブレーキが作動した。

フォレスターに用いられている運転支援システム「アイサイト」には珍しいです。

ホンダセンシングだと割とこういう報告を見かけますが。

 

ハンドルを右一杯に回すと左前輪が跳ねるような音を立てて曲がっていくようになった。ハンドルの戻りも悪くなったため確認したところ、フロントロアアームの取り付け部が故障していた。

 

エンジン始動時にブレーキペダルが硬くなった。原因はマスターバックシリンダーの不良とのこと。

 

管理人
管理人
どれも頻度は低いですが、絶対に起こらないとは言い切れませんね。

 

ポイント
2021年における国土交通省へのフォレスターに関する不具合報告件数は33件。

 

【フォレスターの故障】まとめ

【フォレスターの故障】まとめ

この記事では、フォレスターの故障について解説しました。

管理人
管理人
致命的な故障は少ない車種ですが、全くないわけではないので備えておいた方が良いですね。

 

フォレスターの故障に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA