【アルファードは故障しやすい?】走行距離による寿命目安や不具合など

アルファードは故障しやすい?

車購入検討者
車購入検討者
アルファードは故障しやすいって本当? 実際の故障事例について、原因や対処法などを教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • アルファードの故障しやすい部分
  • アルファードの故障事例

 

ミニバンの最高峰、アルファード。

管理人
管理人
いざという時に焦らないように、故障事例も学んでおきましょう。

 

この記事では、アルファードの故障について解説します。

この記事を読み終えると、アルファードの故障について詳しく知ることができ、故障に対する不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

アルファードの故障しやすい部分

アルファードの故障しやすい部分

アルファードの故障しやすい部分
  1. オルタネーター
  2. エアコン
  3. 色剥げ
  4. バッテリーの以上消耗

 

アルファードの故障しやすい部分①:オルタネーター

オルタネーターは故障しやすいです。

なぜなら、経年劣化を避けられないからです。

オルタネーターとは発電機のことで、発電する際にとても熱くなる部分です。

そして乗り方とはほとんど関係なく、年数や走行距離が増えれば増えるほど故障リスクは高くなります。

管理人
管理人
オルタネーターが故障すると、最悪の場合バッテリーが上がって走行不能になります。

 

修理するとなると最低でも5万円は覚悟しておいた方が良いですね。

 

アルファードの故障しやすい部分②:エアコン

アルファードのエアコンが故障するケースも多いです。

もっと正確に言うと、エアコンのコンプレッサーの故障ですね。

コンプレッサーのみの修理であれば大して高くありませんが、関連パーツまで修理するとなると10~20万円かかってきます。

コンプレッサーの故障が原因なのか他の故障が原因でコンプレッサーが機能していないのかによって修理費用が全然違うので、注意が必要です。

 

アルファードの故障しやすい部分③:色剥げ

故障ではありませんが、よくあるトラブルの1つに色剥げがあります。

管理人
管理人
主にホワイトパールクリスタルシャインに多いみたいですね。

 

2008年4月~2014年12月の間に生産されたアルファードの各モデルは塗装がはがれやすいみたいです。

「トヨタリコール等情報」にも載っており、トヨタ側の対応は次の通りです。

保証期間の延長。新車登録から10年以内に塗装がはがれた場合、無料で再塗装する。

管理人
管理人
保証期間10年ってやばいですね^^

 

アルファードの故障しやすい部分④:バッテリーの異常消耗

アルファードのアイドリングストップ車で、バッテリーの異常消耗が報告されたことがあります。

具体的な内容としては、「バッテリーが異常劣化し、アイドリングストップ後にエンジンが再始動できなくなる」というものです。

管理人
管理人
信号で止まったらその後発進できないという、何とも恐ろしいトラブルです。

 

これに関しても報告が相次いだので、リコールがアナウンスされました。

 

ポイント

アルファードの故障しやすい部分

  • オルタネーター
  • エアコン
  • 色剥げ
  • バッテリーの以上消耗

 

アルファードの故障事例

アルファードの故障事例

個別に報告されたアルファードの故障事例を紹介します。

管理人
管理人
発生した頻度等は関係なく、報告があったものを片っ端から紹介しますね。

 

車の電源を切った後、フリップダウンモニターが閉じないことがある。

フリップダウンモニターとは、下の画像の矢印で指した部分のことです。

アルファード フリップダウンモニター

助手席のシートヒーターが30秒くらいで停止し、全く温めてくれない。

 

電動スライドドアを開けようとすると、少しだけ開いて止まることがある。

 

電動スライドドアを閉じようとしたら、警告音が鳴ってガガガッという機械音と共にぎこちなく閉まっていくことがある。

 

新車購入時に取り付けたエアロパーツマフラーの先っぽが溶けた。

 

走行中にいきなりオイルランプ警告灯が点灯。その後、エンジン部分がガラガラと音をたて、エンジンが停止。

管理人
管理人
これについては、バランスシャフトギアが破損し、そのかけらがオイルフィルターにつまっていたことが原因だったそうです。

 

リアモーター、VSC、ブレーキなどの複数の警告灯が点灯し、勝手に加速したり出力が落ちたりした。停車して車を再起動したら直った。

 

助手席から異音がする。

 

ダッシュボードが溶けベタベタになり、置いたものに付着するようになった。

管理人
管理人
これはダッシュボードの樹脂が年数と共に劣化したことが原因です。

 

おそらく、製造されてからかなり長い年月が経過している車両だと思います。

 

ポイント
2021年における国土交通省への故障報告件数は37件。

 

【アルファードの故障】まとめ

【アルファードの故障】まとめ

この記事では、アルファードの故障について解説しました。

管理人
管理人
とても人気な車種なので、故障の報告件数も多いですね。

 

アルファードの故障に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA