【GR86での車中泊】おすすめのマットや長距離移動・体験談など

GR86での車中泊

車購入検討者
車購入検討者
GR86での車中泊は快適なの? 注意点や体験談などを教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • GR86での車中泊について
  • GR86での車中泊に関するよくある質問

 

トヨタのスポーツカー、GR86。

管理人
管理人
見た目は格好良いですが、果たして車中泊はできるのか気になりますよね。

この記事では、GR86での車中泊について解説します。

この記事を読み終えると、GR86での車中泊について詳しく知ることができ、検討時の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

GR86での車中泊

GR86での車中泊は快適?

GR86での車中泊
  1. サイズ
  2. 体験談
  3. メリット
  4. デメリット

 

GR86での車中泊①:サイズ

GR86のサイズは、下の画像の様になっています。

GR86のサイズ

(出典:WebCG「新型トヨタGR86」

車内の横幅が約140㎝なので、ダブルベッドとほぼ同じサイズです。

荷物を載せなければ、2人でも寝れるサイズですね。

 

GR86での車中泊②:体験談

実際にGR86で車中泊をしている人の様子を紹介します。

段差の解消方法については、後で詳しく解説しますね。

この環境でぐっすり眠れるなら、もうどんな環境でも寝られると思います。

車中泊には、運転席で寝るやり方と荷室で寝るやり方があります。

運転席で寝る場合、上の画像の様に足を伸ばせません。

 

GR86での車中泊③:メリット

GR86での車中泊におけるメリットは、次の4つです。

  • 横幅が広い
  • 乗り心地が良い
  • 意外と荷物を沢山載せられる
  • USB端子を2個使える
管理人
管理人
スポーツカーならではの強みが出ていますね。

 

GR86での車中泊④:デメリット

GR86での車中泊における弱みは、次の3つです。

  • 車内高が低いので窮屈に感じる
  • 足を伸ばせない
  • 寝台に荷物を置くと2人で寝るのは不可能
管理人
管理人
スポーツカーなので、天井が低いのは仕方ないですね。

 

ポイント
横幅は十分だが縦の長さと高さに難点あり。メリット・デメリットは共に多い。

 

GR86での車中泊に関するよくある質問

GR86での車中泊に関するよくある質問

GR86での車中泊について
  1. 段差対策
  2. 必須グッズ
  3. 注意点

 

GR86での車中泊における段差対策方法

GR86はフルフラットにならないので、車中泊をする際には段差対策が必要です。

一般的に、段差対策方法は次の2つです。

  1. 板を敷き、その上から厚めの車中泊マットを敷く
  2. 大きな段差をクッションで埋め、その上から車中泊マットを敷く

1つ目の方が手間と費用がかかるので、お手頃なのは2つ目ですね。

 

GR86での車中泊における必須グッズ

GR86で車中泊をするなら、次の4つは用意した方が良いです。

  • LEDランタン
  • USB扇風機
  • サンシェード
  • カーテン

暑さ対策のためにUSB扇風機を忘れないようにしましょう。

管理人
管理人
GR86にはUSBが2つも搭載されているので、利用しない手はないですね。

 

GR86での車中泊における注意点

注意点は他の車種でも変わりません。

  • 車中泊場所の目処を事前につけておく
  • 騒音防止のためエンジンをかけたまま寝ない
  • できれば窓を少し開けておく
管理人
管理人
窓を開けておくことで、朝の息苦しさを軽減できます。

 

ポイント

①段差対策は2通りある

②USB扇風機をお忘れなく

③マナーに注意

 

【GR86での車中泊】まとめ

【GR86での車中泊】まとめ

この記事では、GR86での車中泊について解説しました。

管理人
管理人
スポーツカーにしては快適な車中泊ライフを送れそうですね。

また、GR86での車中泊に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA