【N-VANはがっかり?】残念なこと7選とその詳細|後悔する?

N-VANのがっかりなところ

車購入検討者
車購入検討者
N-VANは買うとがっかりするって本当? 実際に乗っている人の口コミや実態を教えてほしいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • N-VANのがっかりなところ7選

 

N-VANについて調べると、「がっかり」という単語が出てきます。

管理人
管理人
実態が気になりますね。

 

この記事では、N-VANのがっかりなところを解説します。

この記事を読み終えると、N-VANについて詳しく知ることができ、購入前の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

N-VANのがっかりなところ7選

N-VANのがっかりなところ7選

N-VANのがっかりなところ7選
  1. 運転席の座席が硬い
  2. 助手席のシート性能が低い
  3. Honda SENSINGが弱い
  4. トランクが狭い
  5. 収納が少ない
  6. 天井の雪を落とすのが大変
  7. 価格が高い

 

N-VANのがっかりなところ①:運転手の座席が硬い

N-VANの運転席のシートは硬いです。

N-BOXを元に作られた車なので、シートもN-BOXと同じだと思われるかもしれませんが、実際には全然違います。

実際に座って比較してみるとよく分かりますが、N-VANのシートの方が圧倒的に硬いです。

管理人
管理人
N-VANは商用車なので、配達時の乗り降りのしやすさを考えて硬くしてあるのでしょう。

 

一般利用する場合は硬く感じますね。

 

N-VANのがっかりなところ②:助手席のシート性能が低い

N-VANの助手席は、性能がとても低いです。

性能が低いと感じられる点を具体的に上げると、次の様になります。

  • 前後にスライドしない
  • リクライニング角度が浅い
  • 座る場所も背もたれも平ら

下にN-VANの座席の画像を載せておきます。

N-VAN座席がっかり

(出典:HONDAホームページ「N-VAN」

管理人
管理人
見るからにシートは硬そうですし、ほぼ平らですよね。

 

N-VANのがっかりなところ③:Honda SENSINGが弱い

Honda SENSINGの具体的な内容は、次の13コです。

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路上逸脱抑制機能
  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • 近距離衝突軽減ブレーキ
  • オートハイビーム
  • アダプティブドライビングビーム
  • トラフィックジャムアシスト

一見すると素晴らしい機能ばかりです。

何ががっかりなのかというと、一部使えない機能があることです。

例えば車線維持支援システム(LKAS)ですが、次の様なケースで車線を正確に読み取ってくれません。

  • 車線が消えかかっているところ
  • 急カーブ
管理人
管理人
同じ軽自動車のダイハツウェイクだと、車線がほぼ完全に消えていても、跡が残っていたら警報を鳴らしてくれます。

 

この様に、実際には機能しないものもいくつかあるので、人によってはがっかりするでしょう。

 

N-VANのがっかりなところ④:トランクが狭い

N-VANのトランクは狭いです。

荷物を載せる分には良いですが、車中泊できるほどの広さはないですね。

N-VANのがっかりなトランク

(出典:HONDAホームページ「N-VAN」

荷室長が実測値で160㎝程度なので、小さな女性でも少し窮屈に感じます。

管理人
管理人
そもそも軽自動車で車中泊はしないと思いますが、参考までに書きました。

 

N-VANのがっかりなところ⑤:収納が少ない

意外と、小物を収納するスペースが少ないです。

商用車なので、段ボールであれば70個近く積めますが、ダッシュボード付近の小物収納がとても少ないです。

ダッシュボード周りは下の画像の様になっています。

N-VANのがっかりな収納

(出典:HONDAホームページ「N-VAN」

助手席の前もむき出しの棚になっていますね。

 

N-VANのがっかりなところ⑥:天井の雪を落とすのが大変

N-VANは雪を落とすのが大変です。

なぜなら、地面から天井まで約194.5cmあるからです。

日本人の成人男性の平均身長が171.5㎝なので、多くの人にとって天井の雪を落とすのは大変ですね。

管理人
管理人
雪が降らない地域に住んでいれば問題ないですが。

 

N-VANのがっかりなところ⑦:価格が高い

N-VANのがっかりなこと7つ目は、価格が高いことです。

グレードによっては、180万円以上するものもあります。

あくまでも軽自動車なので、もう少し価格を抑えたいですね。

 

ポイント

N-VANのがっかりなところ7選

①運転席の座席が硬い

②助手席のシート性能が低い

③Honda SENSINGが弱い

④トランクが狭い

⑤収納が少ない

⑥天井の雪を落とすのが大変

⑦価格が高い

 

【N-VANはがっかり?】まとめ

【N-VANはがっかり?】まとめ

この記事では、N-VANのがっかりな点について解説しました。

もちろん長所も沢山ありますので、検討される方はフラットな目線で判断してください。

管理人
管理人
HONDAのホームページからN-BANのカタログを見られますので、ぜひご利用ください。

 

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA