【レヴェンテの故障】事例・原因や修理代目安・対処法などを詳しく解説

レヴァンテの故障

車購入検討者
車購入検討者
レヴァンテは故障しやすい? 実際に起きた故障事例や対処法などを知りたいです。

 

このような疑問にお答えします。

 

本記事の内容

  • レヴァンテの故障リスク
  • レヴァンテの故障事例

 

「地中海に吹く東風」という意味を持つレヴァンテ。

管理人
管理人
お洒落さは100点ですが、故障についても気になりますよね。

 

この記事では、レヴァンテの故障事例や原因などを解説します。

この記事を読み終えると、レヴァンテの故障について詳しく知ることができ、検討時の不安や疑問を解消できます。

それではさっそく本文へ行ってみましょう。

レヴァンテの故障リスク

レヴァンテの故障リスク

レヴァンテの故障リスク
  1. リコール歴
  2. 修理費用
  3. 故障しやすいパーツ

 

レヴァンテの故障リスク①:リコール歴

レヴァンテにはリコール歴があります。

概要は次の通りです。

対応開始日部位対応
2022/4/12エアインテークホース(原動機)エアインテークホースの交換

具体的な内容は以下の様になっています。

・エアインテークホースの材質が不適切

→EGR(排気ガスの再循環システム)関連の酸濃縮物によってホースの強度が低下

→ホースに亀裂が発生

→空気が漏れて異音が発生

→エンジン警告灯点灯

→エンジン出力低下

管理人
管理人
中古でレヴァンテを購入する際は、リコールに対応しているかどうかを確認しましょう。

 

レヴァンテの故障リスク②:修理費用

レヴァンテの修理費用目安は、次の様になっています。

内容金額(円)
タイヤ交換10,000
ヘッドライト交換50,000
バンパー修理50,000
管理人
管理人
外車なので、かなり高額ですね。

 

レヴァンテの故障リスク③:故障しやすいパーツ

レヴァンテでよく故障する部位は、次の2つです。

  • オルタネーター(発電機)
  • エアコン
管理人
管理人
この2つはレヴァンテに限らず故障しやすいです。

年数と共に劣化して故障しやすくなるので、必ず頭に入れておきましょう。

 

ポイント

①リコール歴あり

②修理費用はとても高い

③故障しやすい部位は2つ

 

レヴァンテの故障事例

レヴァンテの故障事例

レヴァンテの故障事例について、国土交通省に報告されているものをメインに解説します。

管理人
管理人
いざ遭遇したら適切に対処できるように、サラッと目を通しておきましょう。

 

高速道路を走行中、突然エンストした。再始動もできなくなった。

これだけの情報だと考えられる原因が一億個くらいあります。

エンスト前に特に違和感を感じなかったのなら、私ならバッテリー上がりを疑うと思います。

 

ブローバイパイプからオイルが漏れた。

ブローバイパイプとは、燃料の燃え残りのオイル上になったものを排出するためのホースのことです。

早く対処すれば10,000円程度で片付きますが、放置してエンジンがダメになると修理・交換に100万円近くかかる可能性もあります。

気付いたらすぐに整備工場やディーラーに確認しましょう。

 

フォグランプ点灯時にハイビームにすると、フォグランプが切れる。

フォグランプとは、下の画像の赤丸で囲った部分のことです。

レヴァンテフォグランプ

この報告事例については、自分で原因を特定するのが不可能なので、修理工場に持って行くしかないですね。

 

ナビゲーションが夜間にいきなり昼間の明るい画面になる。目的地まで案内してくれないこともしばしば。

管理人
管理人
ナビの故障ですね。

 

購入した時からこの状態なのであれば、無料で交換してくれる可能性もあります。

時間はかかりますが、とりあえず相談してみましょう。

 

ポイント

国土交通省への報告件数は4件。

とても少ない。

 

【レヴァンテの故障】まとめ

【レヴァンテの故障】まとめ

この記事では、レヴァンテの故障について解説しました。

管理人
管理人
故障が少ないと言っても、全くないわけではないので注意が必要です。

 

レヴァンテの故障に関する動画を下に載せておきますので、興味のある方はご覧ください。

また本サイトでは、車に関する情報を毎日発信しています。

車の購入を検討している方車が大好きな方は、こちらの記事もぜひご覧ください。

ご質問などありましたら、本記事下部のコメント欄からお気軽にどうぞ!

最後までご精読いただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA